掃除をしよう

住宅地下の鉄道の排水を修理中です

ダクト清掃を怠っていて内部にホコリを溜め込んでいると、火災を引き起こす恐れがあります。それでも、今までにそう言う事故があったが自分達でなんとかやって来たと安心しきっている店舗もいます。しかし、それは大きな間違いです。お客さんに安心して良い環境で食べてもらうためや、従業員の労働環境や近隣を考慮する意味でもダクト清掃は必要とされています。まず、機器の損壊を早めると言う問題が発生する可能性があります。これでは設備の交換を強いられる事もあり得るため、多額の費用が掛かる事もあります。また、近場のお店や付近の住民・通行人に異臭を感じさせて迷惑をかける事もあります。この問題は実は意外と軽視されていますが、集客の妨げに繋がるため注意しましょう。業者を呼べばすぐに解決出来ます。

ダクト内で火災が起きた時には、自分達で消火作業をする事があります。鎮火後には排水作業を行う事になりますが、その時にダクト内が汚れていると非常に不衛生な水が流れこんでくる事になります。これが厨房内に散らばると、衛生環境上良くない状態になります。もしもの事があって自分達で解決出来たとしても、その後の処理まで完全にやりきれない事も良くあるケースです。こうした店舗は早急にダクト清掃の業者に定期点検を依頼し、清掃を行ってもらいましょう。そうする事で、いざという時に消火作業を行ったとしても汚い水が垂れ流されて来る危険性もありません。臭いが与える影響も案外無視できないもので、ダクト清掃では悪臭や雑菌をばら撒く問題を回避する事にも繋げられます。